低悪性度神経膠腫に対するcarboplatinとvincristineの有効性 (NF-1対非NF-1)

公開日:

2016年9月21日  

最終更新日:

2017年6月9日

Nonrandomized comparison of neurofibromatosis type 1 and non-neurofibromatosis type 1 children who received carboplatin and vincristine for progressive low-grade glioma: A report from the Children's Oncology Group.

Author:

Joann L. Ater  et al.

Affiliation:

Division of Pediatrics, The University of Texas MD Anderson Cancer Center

⇒ PubMedで読む[PMID:27061921]

ジャーナル名:Cancer.
発行年月:2016 Jun
巻数:122(12)
開始ページ:1928

【背景】

The University of Texas MD Anderson Cancer CenterのAterらは,小児がん研究グループに登録された進行性の低悪性度神経膠腫(LGG)をもつNF1患者と非NF1患者においてcarboplatinおよびvincristine (CV)の効果を比較した(NF1群 n=127;非NF1群 n=137).

【結論】

NF1群の33%にイベントが発生し,4.7%が死亡した.5年後の無事象生存率は,NF1群で69±4%,非NF1群で39±4%であった(p<.001).単変量解析では,NF1群で腫瘍反応率,無事象生存率,全生存率は非NF1群より有意に高かった.多変量解析では,NF1群は独立してより良い無事象生存率と関連していた(p<.001)が,全生存率との関連は認められなかった.治療開始から中央値7.8年で,NF1群において二次性の悪性腫瘍が3例認められ,非NF1群では認められなかった.

【評価】

小児神経線維腫症1型(NF1)患者の15〜20%は視交叉など視路のグリオーマを小児期早期に発症する.その多くをpilocytic astrocytomaが占め,大部分は治療を要しないきわめて不活発な腫瘍であるが,時に進行性で,有症候化する.その局在から手術は困難で,放射線照射も小児期の脳に対する副作用の危惧から避けられてきており,現在,初期治療としては化学療法,特にCVの使用が一般的になってきている.
本研究は小児NF1患者のCVに対する忍容性は良好で,腫瘍反応率および無事象生存率は非NF1患者よりも優れているという報告である.ただし,本論文の考察でも触れられているようにNF1患者における低悪性度神経膠腫のなかには長期間増大しないものや,むしろ自然経過の中で縮小(spontaneous involution)するものもあるので,これがNF1患者群における無事象生存率を引き上げている可能性は否定できない.現在,NF1に伴う低悪性度グリオーマに対する治療として,vinblastineやbevacizumab,irinotecanなどの効果を検証する研究が進行している.

執筆者: 

宇田川梨紗   

監修者: 

有田和徳

関連文献


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する