動脈瘤コイリング後のneck remnantはどのくらい危険か

公開日:

2018年5月21日  

最終更新日:

2018年5月31日

Neck Remnants and the Risk of Aneurysm Rupture After Endovascular Treatment With Coiling or Stent-Assisted Coiling: Much Ado About Nothing?

Author:

Munich SA  et al.

Affiliation:

Department of Neurosurgery, Jacobs School of Medicine and Biomedical Sciences at University at Buffalo, Buffalo, New York

⇒ PubMedで読む[PMID:29528449]

ジャーナル名:Neurosurgery.
発行年月:2018 Mar
巻数:[Epub ahead of print]
開始ページ:

【背景】

動脈瘤のコイル塞栓術後に頚部や瘤内が造影されることは稀ではない(文献1).このneck remnantはどのくらいの破裂リスクを有しているのか,また破裂危険因子は何か.New York Buffalo大学のMunich SAらは米国内4つの施設で動脈瘤にコイル塞栓術を行なった1,292動脈瘤のうち,neck remnant(Raymond–Royの閉塞クラス;RROクラスIIかIII)に終った626動脈瘤(破裂動脈瘤324例,未破裂動脈瘤302例)を後方視的に検討し,これらの疑問点の解明を試みた.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する