脳脊髄液漏出症画像診断のスコアリングシステム

公開日:

2019年3月6日  

最終更新日:

2019年11月18日

【背景】

脳脊髄液漏出症の画像診断は,RI脳槽シンチグラフィー,CTミエログラフィー,脊髄脊椎のMRIによって脳脊髄液漏出そのものを診断する方法と,漏出症の結果として生じる低髄液圧症の間接的診断方法としてのMRI(単純・造影)がある.既に低髄液圧症を示唆するMRI所見として多くのものが報告されているが(文献1),診断における位置づけは不明である.スイスBern大学のチームは,低髄液圧症を示唆する6個のMRI所見について,スコアリングシステムを作成し,脳脊髄液漏出症の診断における意義を検討した.解析コホートは132例で,連続72例の低髄液圧症患者と性・年齢をマッチさせた頭痛のない60例からなる.検証コホートは20例の低髄液圧症患者.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する