急性期脳梗塞に対する血管内治療(EVT)時の血圧管理の目標:既報の3つのRCTから

公開日:

2020年2月25日  

最終更新日:

2020年3月16日

【背景】

急性期脳梗塞に対するEVT術中の麻酔管理については全身麻酔で行うべきか処置時鎮静で行うべきか議論が続いている(文献1,2,3).一方で至適な血圧管理についても確固とした基準はない(文献4).この研究は,EVT術中の麻酔管理に関する3つのRCT(文献1,2,3)登録患者(2014~2017年)の個人別データを基に,EVT術中の至適血圧管理について検討したものである.検討対象となったのは365例.年齢は平均71.4(SD 13.0)歳.NIHSSは17(IQR,14~21).半数が全身麻酔,半数が処置時鎮静下でEVTを受けた.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する