残存腫瘍体積と残存部位が前庭神経鞘腫の再発に及ぼす影響

公開日:

2020年4月30日  

最終更新日:

2020年5月2日

【背景】

前庭神経鞘腫に対する手術では顔面神経などの重要構造を守るために部分摘出や亜全摘出(STR)に終わらざるを得ない場合が多い.UCSFのチームは自験の295例の前庭神経鞘腫初回手術症例のうち,亜全摘出に終わった症例のうち,術前に定位放射線手術(SRS)が行われていない66例を対象に再発に寄与する因子を検討した.患者年齢中央値54.9歳,術前腫瘍体積6.3 cm3(1.9~16.2),術後残存腫瘍体積0.3 cm3(0.14~0.88),追跡期間3.1年(1.8~5.7).


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する