内視鏡による眼窩腫瘍の手術:自験23例と159例の文献レビュー

公開日:

2020年4月29日  

最終更新日:

2020年4月30日

【背景】

眼窩腫瘍の摘出には主として眼科医が行う前方到達法,脳外科が行う前頭側頭開頭法,眼窩側壁切開法(Krönlein法)などがあるが,整容性,侵襲性の問題が危惧されている.ボローニャ大学のZoliらは,眼窩腫瘍23例(そのうち83%が筋円錐内)に対する内視鏡下摘出術を後方視的に評価し,その有用性を検討した.経鼻法は16例(70%),経眼瞼法(上眼瞼外側の皮膚切開)は7例(30%)に施行された.腫瘍は海綿状血管腫5例(22%),孤立性線維性腫瘍3例(13%)など多彩であった.術後追跡期間は平均59ヵ月.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する