高齢者における脳室サイズ:スウェーデンにおける住民ベースでのEvans indexの研究

公開日:

2017年3月26日  

最終更新日:

2017年9月15日

Estimated ventricle size using Evans index: reference values from a population-based sample.

Author:

Jaraj D  et al.

Affiliation:

Institute of Neuroscience and Physiology, University of Gothenburg, Gothenburg, Sweden

⇒ PubMedで読む[PMID:28052454]

ジャーナル名:Eur J Neurol.
発行年月:2017 Mar
巻数:24(3)
開始ページ:468

【背景】

従来,特発性正常圧水頭症(iNPH)診断における脳室拡大の指標としてEvans index(EI)>0.3が用いられてきた.しかし,高齢者における住民ベースでのEIのデータはない.スウェーデン,ヨーテボリ大学のJaraj Dらは70歳以上の住民1,235例のサンプルを基にEIの値を求めた.この対象サンプルは一般住家と老人ホームに住んでいる一般人口からスウェーデンの人口統計に基づいて抽出された.

【結論】

70歳以上の住民におけるEIは0.11- 0.46であり,平均 0.28±0.04(SD)であった.20.6%(n = 255)の患者はEI >0.3であった.80歳以上に限ると,EIは0.3±0.03であった.認知症状がある住民ではEIは0.31±0.05であった.iNPHの画像所見がある患者ではEIは0.36±0.04であった.

【評価】

高齢者では,脳室径が大きくなっているのは医療現場では良く知られているが,本研究は,Evans indexという堅牢な指標を用いて,そのことを証明した. これまで,そんな事がわからなかったのかという論文であるが,IF 4.0のジャーナルで採用されたのは,住民ベースの大規模調査であることへの評価であろう.一方,iNPHに特徴的な髄液の脳内分布としては,側脳室のZ軸方向( 体軸に対して垂直方向)への拡大と高位円蓋部の脳溝の狭小化が特徴的とされている. これらの所見と高齢者の脳室拡大との関連が,今後の研究課題と思われる.

執筆者: 

有田和徳   

監修者: 

川原隆

関連文献


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する