片麻痺患者に対する経頭蓋小脳磁気刺激の効果

公開日:

2018年12月20日  

最終更新日:

2019年1月11日

【背景】

ローマの非侵襲脳刺激ユニットのチームは,脳卒中患者のバランスと歩行に対する小脳磁気刺激の有効性をRCTで検討した.中大脳動脈領域の脳梗塞患者において,病変と反対側の小脳に対して8の字コイルを用いて,毎日の理学療法の前に間欠的なθバースト刺激(erebellar intermittent θ-burst stimulation,RB-iTBS)を行った.刺激回数は1200発で,これを5分間開けて2セッション実施した.刺激強度は誘発運動閾値の80%とした.刺激は3週間行い,3週目と刺激終了後3週間後に評価した.対象患者は刺激群17名,シャム刺激(コントロール)群17名.脳梗塞発症後の期間は6~78ヵ月.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する