上衣腫に対する原体照射:ACNS0121

公開日:

2019年7月4日  

最終更新日:

2019年7月5日

【背景】

米国小児腫瘍グループ(ACNS0121)は,上衣腫に対する腫瘍の存在部位,組織学的悪性度,摘出度に応じた彼らの治療レジメの有効性を検証した.n=356(1~21歳).治療レジメは①テント上の分化型腫瘍で手術顕微鏡下での全摘が達成出来たもの:経過観察,②どの部位の腫瘍でもsubtotal removal(残存腫瘍径>0.5cm)に終わったもの:化学療法→再手術→原体照射(腫瘍辺縁+1cm,59.4 Gy),③その他の患者(ほぼ全摘腫瘍[残存腫瘍腫瘍径が<0.5cm],テント下腫瘍で全摘例,テント上のanaplastic type腫瘍で全摘例):直ちに原体照射.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する