頸動脈ステントは大腿動脈経由より頚からのTCARの方が安全:3286症例対の傾向スコアマッチング解析

公開日:

2019年12月23日  

最終更新日:

2020年1月27日

【背景】

頸動脈ステント術のために2015年に開発されたTranscarotid Artery Revascularization(TCAR)は鎖骨上の小切開を通して,吸引+アクセス用シースを総頸動脈に挿入し,そこから脱血した血液を,フィルター(ENROUTEⓇ)を通して大腿静脈に返血するシステムである.操作中はターニケットで総頸動脈を閉鎖するめ,常にリバースフローとなり,頸動脈病変へのアクセスとステント留置の最中に生じるデブリの頭蓋内飛散を防止することが出来る(文献1,2).本研究は,北米で行われたTCARと従来の経大腿動脈法(distal filter protection)との比較試験である.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する