脳動静脈奇形(AVM)の自然閉塞の頻度と予測因子:ジョンズ・ホプキンス大学の経験とレビュー

公開日:

2020年1月15日  

最終更新日:

2020年5月4日

【背景】

Johns Hopkins大学のチームは,自験例の後方視的解析を通して,AVMの自然閉塞に関係する因子を探索した.自験の未治療AVM154例の平均74.6±159.8ヵ月の追跡期間で,自然閉塞(診断後3~19ヵ月後)は4例のみに認められた.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する