非症候性髄膜腫の自然史:腫瘍体積増大のリスク因子と症候性増大のリスク因子は違う

公開日:

2020年5月12日  

最終更新日:

2020年6月4日

【背景】

非症候性髄膜腫に対する基本的な管理方法は経過観察ではあるが,この方針では当然ながら腫瘍増大による症候化,患者の高齢化というリスクを伴う.非症候性髄膜腫のより適切な管理のためには,これまで報告されている画像上の腫瘍増大のみならず,症候化の予測も必要である.Nakasuらは,非症候性髄膜腫の自然史に関する既報の27研究を対象にメタアナリシスを行い,精細な統計手法を用いて,画像上の腫瘍増大,腫瘍増大スピード,症候性増大のリスクと予測因子について検討した.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する