慢性硬膜下血腫の再発はA型血液型患者に多い

公開日:

2021年1月25日  

最終更新日:

2021年3月5日

【背景】

慢性硬膜下血腫再発の原因としては,性,高齢,抗凝固薬の使用,血小板減少,高血圧,糖尿病,腎障害などが挙げられているが,血液型との関係については明らかでない.川崎医科大学のHiraiらは,過去9年間で穿頭洗浄術を行った慢性硬膜下血腫患者307例(350側)を基にこの問題を検討した.