下垂体腺腫におけるミニ染色体維持蛋白7(MCM7)の発現

公開日:

2016年9月17日  

最終更新日:

2017年6月9日

Minichromosome maintenance protein 7 as prognostic marker of tumor aggressiveness in pituitary adenoma patients.

Author:

Coli A  et al.

Affiliation:

Deparment of Anatomic Pathology, Catholic University, Rome, Italy

⇒ PubMedで読む[PMID:26620390]

ジャーナル名:Eur J Endocrinol.
発行年月:2016 Mar
巻数:174(3)
開始ページ:307

【背景】

最近,細胞サイクル調整蛋白であるミニ染色体維持蛋白7(MCM7)が脳腫瘍を含む種々の腫瘍におけるaggressiveness(攻撃性)と相関していることが報告されている.ローマ,カトリック大学のColi Aらは下垂体腺腫におけるMCM7の発現が臨床的予後の指標となり得るか,Ki-67との比較において検討した(n=97).

【結論】

Cox解析では,MCM7 の高発現(>15%)が腫瘍の進行/再発と直接に相関していた(relative risk:7.70).Ki-67高発現(>3%)はそうではなかった(RR:0.99).MCM7高発現群では腫瘍の進行・再発までの期間は短く,MCM7 の発現率は5年後の腫瘍の進行・再発率と相関していた.

【評価】

一般的に腫瘍細胞の生物学的活性の免疫組織学的な指標としてKi-67が用いられるが,必ずしも腫瘍の悪性度や予後と相関しないことも多い.MCMファミリー(MCM2-7)はすべての真核生物で維持されており,6量体として後期分裂期とG1期の染色体と固く結合し,S-G2期には分離している.このため,MCM蛋白は通常の体細胞での発現は稀で,複製期にある細胞核にのみ発現する.最近,MCM蛋白,その中でも特にMCM7蛋白が種々の腫瘍において高発現することがわかってきた.また,その高発現は予後不良と相関することも示されてきた.
本研究は下垂体腺腫に関しては最初のものであるが,MCM7がKi-67よりも治療の転帰と良く相関することを示した.本邦でも追試されるべき重要な知見である.また,下垂体腺腫の薬物反応性との関係も気になるところである.

執筆者: 

有田和徳

関連文献


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する