下垂体手術後の遅発性低ナトリウム血症と再入院

Vol.1, No.2, P.20 公開日:

2016年10月1日  

最終更新日:

2018年8月15日

Delayed Hyponatremia Is the Most Common Cause of 30-Day Unplanned Readmission After Transsphenoidal Surgery for Pituitary Tumors.

Author:

Bohl MA  et al.

Affiliation:

Division of Neurological Surgery, Barrow Neurological Institute, St. Joseph's Hospital and Medical Center, Phoenix, Arizona

⇒ PubMedで読む[PMID:26348011]

ジャーナル名:Neurosurgery.
発行年月:2016 Jan
巻数:78(1)
開始ページ:84

【背景】

下垂体腺腫術後の予期しない再入院の割合やその理由については明らかではない.Barrow Neurological InstituteのBohl MAらは下垂体病変に対する経蝶形骨洞手術後30日以内の予期しない再入院の頻度とその原因を調査した(n=303).


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する