免疫染色によって頭蓋咽頭腫におけるβ-cateninとBRAFの遺伝子変異を予測出来るか

公開日:

2017年12月20日  

最終更新日:

2018年7月11日

Study of β-catenin and BRAF alterations in adamantinomatous and papillary craniopharyngiomas: mutation analysis with immunohistochemical correlation in 54 cases.

Author:

Malgulwar PB  et al.

Affiliation:

Department of Pathology, All India Institute of Medical Sciences, Ansari Nagar, New Delhi 110029, India

⇒ PubMedで読む[PMID:28500561]

ジャーナル名:J Neurooncol.
発行年月:2017 Jul
巻数:133(3)
開始ページ:487

【背景】

頭蓋咽頭腫のadamantinomatous type(ACP)ではβ-cateninの遺伝子であるCTNNB1に変異を認め,papillary type(PCP)ではBRAF V600Eに変異を認めることが知られている.本稿ではインドから54例(初発50例)の頭蓋咽頭腫において,CTNNB1とBRAF V600Eの遺伝子変異と,免疫染色によるにβ-cateninとBRAF V600E(anti-VE1)の発現を調べ,ACPとPCPの分類における意義を検討した.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する