もう一つのトルコ鞍内囊胞:遺残胎生期漏斗陥凹(PEIR)

公開日:

2018年6月21日  

最終更新日:

2018年7月2日

Persisting Embryonal Infundibular Recess (PEIR): two case reports and systematic literature review.

Author:

Belotti F  et al.

Affiliation:

Neurosurgery and Neuroradiology, Department of Medical and Surgical Specialties, Radiological Sciences, and Public Health, University of Brescia, Brescia, Italy

⇒ PubMedで読む[PMID:29788483]

ジャーナル名:J Clin Endocrinol Metab.
発行年月:2018 May
巻数: [Epub ahead of print]
開始ページ:

【背景】

遺残胎生期漏斗陥凹(Persisting Emryonal Infundibular Recess:PEIR)はあまり知られていない病態で,確実例の報告は10例にも満たないが,頭蓋咽頭腫やラトケ囊胞などの鞍内‐鞍上部の囊胞性腫瘍と誤診される可能性がある.Brescia大学のBelottiらは自験の2例を含む8例をレビューして本病態の解明を試みた.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する