小児,若年の成長ホルモン産生腺腫は病理学的に多彩で手強い

公開日:

2018年7月2日  

最終更新日:

2018年8月1日

【背景】

小児のGH産生腺腫の頻度は少なく,その病態解明は不十分で,一方で治療にも対する抵抗性も報告されている.虎の門病院のNagataらは自験のGH産生腺腫のうち20歳以下の患者25名(M:F=14:11)を対象にその臨床像と病理像につき検討した.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する