非機能性下垂体腺腫にCDK4/6 inhibitor(パルボシクリブ)が有効?

公開日:

2018年9月21日  

最終更新日:

2018年10月11日

【背景】

非機能性下垂体腺腫の治療はまず手術療法であり,追加治療として放射線療法が行われることもある.多くの症例では既存の治療法によって根治あるいは腫瘍制御可能である.一方,難治性の非機能性下垂体腺腫も存在することから,新たな薬物療法の出現も期待される.本稿はCDK4/6 inhibitorであるパルボシクリブの投与によって,偶然腫瘍縮小を認めた非機能性下垂体腺腫の1例を報告した.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する