転移性下垂体腫瘍:スウェーデンにおけるナショナルサーベイ

公開日:

2020年1月10日  

最終更新日:

2020年2月13日

【背景】

剖検例における全癌腫の下垂体部への転移は0.4~3.6%で認められる(文献1).一方,乳癌では13~18%と高い.
本論文は人口991万人のスウェーデンにおける癌下垂体転移の全国調査である.下垂体疾患の治療を行っている6個の大学病院で1996~2018年の22年間で38例(男性24例,女性14例)の転移性下垂体腫瘍が治療された.原発巣の内訳は乳癌45%,肺癌21%,前立腺癌(11%).女性例で最多は乳癌で,女性症例の67%.男性例で最多は前立腺癌で,男性症例の29%.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する