プロラクチン産生腺腫におけるエストロゲン受容体(ERα66,ERα36)低発現は浸潤性成長と相関している

公開日:

2020年5月22日  

最終更新日:

2020年7月6日

【背景】

ERα66は最も一般的なエストロゲンレセプターであり核内に存在する.一方そのスプライシングバリアントであるERα36は主として細胞膜や細胞質に存在し,非ゲノムエストロゲンシグナル伝達を仲介する.ERα36強発現はいくつかの癌の浸潤性増殖や内分泌治療への耐性に関わっていることが報告されている(文献1,2,3).イランShahid Beheshti大学のチームは62例(男性37例)のプロラクチノーマを対象にERα66/ERα36の発現と臨床組織像との相関を検討した.
腫瘍周囲の下垂体(11例)では免疫染色スコア(IR:0~12)中央値は高く,ERα36で8,ERα66で6であった.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する