鞍上部髄膜腫に対する経鼻内視鏡手術による摘出度の術前予測:ワイルコーネルスコア vs UCSFスコア

公開日:

2020年8月21日  

最終更新日:

2020年9月2日

【背景】

鞍結節あるいは蝶形骨平面に付着部を有する鞍上部髄膜腫に対して経鼻内視鏡下摘出術(EEA)が導入されて久しいが,未だに充分な摘出が出来ず,これなら開頭の方が良かったかなと思うケースもある.ワイルコーネル(WC)医科大学脳外科チームは,鞍上部髄膜腫51例のEEAによる摘出度とそれに寄与する因子を検討した.GTR(画像上の100%の摘出)が手術目標であった47例中40例(85%)で実際にGTRが達成出来た.6例(12.8%)がNTR(95~99%摘出)であった.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する