DIPGはH3F3A遺伝子変異とHIST1H3B K27M遺伝子変異の2群に分けられる

Vol.2, No.3, P.1 公開日:

2017年5月3日  

最終更新日:

2018年6月12日

Histone H3F3A and HIST1H3B K27M mutations define two subgroups of diffuse intrinsic pontine gliomas with different prognosis and phenotypes.

Author:

Castel D  et al.

Affiliation:

Vectorologie et Thérapeutiques Anticancéreuses”, CNRS, Gustave Roussy, Univ. Paris-Sud, Université Paris-Saclay, Villejuif, France

⇒ PubMedで読む[PMID:26399631]

ジャーナル名:Acta Neuropathol.
発行年月:2015 Dec
巻数:130(6)
開始ページ:815

【背景】

Diffuse intrinsic pontine glioma(DIPG)はヒストンH3-K27M(lysine-to-methionine)遺伝子異常を伴い,最も予後の悪い小児脳幹腫瘍である.最近DIPGは,単一の生物学的な範疇ではないことが示唆されつつある.フランスのCastel Dらは,定位的な生検で得られた組織を用いて,H3遺伝子異常を免疫染色,ダイレクトシークエンスで解析した.また,網羅的な遺伝子発現解析と染色体不均衡はマイクロアレイ法を用いて検索し,臨床因子との関係を求めた(N=91).


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する