頚椎後方除圧・固定による頚椎前弯獲得は術後C5麻痺の危険因子か?

Vol.2, No.3, P.3 公開日:

2017年5月4日  

最終更新日:

2018年6月12日

Contribution of Lordotic Correction on C5 Palsy Following Cervical Laminectomy and Fusion.

Author:

Jacob Cherian  et al.

Affiliation:

Department of Neurosurgery, Baylor Collage of Medicine, Houston, Texas

⇒ PubMedで読む[PMID:26813859]

ジャーナル名:Neurosurgery.
発行年月:2016 Dec
巻数:79(6)
開始ページ:816

【背景】

発症原因のわかっていない頚椎術後C5麻痺だが,頚椎後方除圧+固定術(cervical laminectomy and fusion:CLF)による頚椎前弯矯正・獲得がC5麻痺の発生に寄与するかを148手術例から検討した(retrospective case control study).


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する