発症時NIHSSが低い患者でも血栓回収術は有効か

Vol.2, No.3, P.9 公開日:

2017年5月26日  

最終更新日:

2018年6月12日

Mechanical Thrombectomy in Patients with Acute Ischemic Stroke and Lower NIHSS Scores: Recanalization Rates, Periprocedural Complications, and Clinical Outcome.

Author:

Pfaff J  et al.

Affiliation:

Department of Neuroradiology and Neurology,University of Heidelberg, Heiderberg, Germany

⇒ PubMedで読む[PMID:27365324]

ジャーナル名:AJNR Am J Neuroradiol.
発行年月:2016 Nov
巻数:37 (11)
開始ページ:2066

【背景】

発症時NIHSSが低い軽症脳梗塞患者に対する血栓回収術の評価である.2010年以後に単一施設(University of Heidelberg)で機械的血栓回収術を受けた484名のうち,初診時NIHSSが8以下の患者33名(6.8%)が対象.平均年齢は68歳,合併症は高血圧(63.6%),心房細動(39.4%).


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する