正常圧水頭症の診断におけるタップ・テストでは,何mLの髄液を抜けばよいのか?

Vol.2, No.3, P.10 公開日:

2017年5月26日  

最終更新日:

2018年6月12日

Lumbar Puncture Test in Normal Pressure Hydrocephalus: Does the Volume of CSF Removed Affect the Response to Tap?

Author:

Thakur SK  et al.

Affiliation:

Department of Radiology and Neurology, New York University School of Medicine, New York

⇒ PubMedで読む[PMID:28473344]

ジャーナル名:AJNR Am J Neuroradiol.
発行年月:2017 Jul
巻数:38(7)
開始ページ:1456

【背景】

正常圧水頭症の診断におけるタップ・テストでは,何mLの髄液を抜けばよいのか?New York医科大学放射線科のThakur SKらは,この点を明らかにするために,臨床的にiNPHと診断された患者を対象に,髄液排除量とタップ・テスト後の歩行状態の評価スケールを(30m歩行時間とfunctional ambulation performance: FAP)を比較した(n=249).


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する