大脳運動領の代謝・機能MRIは頚髄症の重症度評価に使用可能か

Vol.2, No.3, P.14 公開日:

2017年6月3日  

最終更新日:

2018年6月12日

Metabolite and functional profile of patients with cervical spondylotic myelopathy.

Author:

Aleksanderek I  et al.

Affiliation:

Department of Medical Biophysics and Centre for Functional and Metabolic Mapping, Robarts Research Institute, Western University; and Department of Clinical Neurological Sciences, University Hospital, London Health Sciences Centre, London, Ontario, Canada.

⇒ PubMedで読む[PMID:28156205]

ジャーナル名:J Neurosurg Spine.
発行年月:2017 May
巻数:26(5)
開始ページ:547

【背景】

軽度の頚椎症性脊髄症(Mild CSM)患者の治療方針に関しては,保存療法と早期手術の間で議論が残っている.この研究の目的は術後に機能回復が見込めるMild CSM患者を識別するのに有用な脳MRI画像指標を確立することである.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する