最小意識・植物状態に対する早期の深部脳刺激は有効か

Vol.2, No.4, P.8 公開日:

2017年7月20日  

最終更新日:

2018年8月2日

Deep brain stimulation for the early treatment of the minimally conscious state and vegetative state: experience in 14 patients.

Author:

Chudy D  et al.

Affiliation:

Department of Neurosurgery, University Hospital Dubrava, Croatia

⇒ PubMedで読む[PMID:28621620]

ジャーナル名:J Neurosurg.
発行年月:2018 Apr
巻数:128(4)
開始ページ:1189

【背景】

低酸素性脳症や外傷性脳損傷による最小意識状態(MCS)・植物状態(VS)に対する有効な治療法は未だ確立されていない.クロアチアUniversity Hospital DubravaのChudyらは,MCSまたはVS患者を対象に,視床CM-Pf複合体をターゲットとした早期の深部脳刺激療法(DBS)の長期的効果(追跡期間38〜60ヶ月まで)を解析した(MSC:n=4;VS:n=10).


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する