急性期脳梗塞の血栓回収療法における,吸引型vs.ステント型のRCT(ASTER)

Vol.2, No.4, P.21 公開日:

2017年8月30日  

最終更新日:

2018年8月2日

【背景】

急性期脳梗塞に対する血管内治療の手技として,現在の標準手技であるステントリトリーバーと,吸引型機器によって直接血栓を吸引する手技(ADAPT:a direct aspiration first pass technique)についてランダム化比較試験を行った.発症6時間以内の前方循環閉塞(ICA,M1,M2)381例(ADAPT:192例,ステント型:189例)が対象.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する