Grade III星細胞腫に対するテモゾロミドのRCT(CATNON試験)

Vol.2, No.4, P.23 公開日:

2017年8月31日  

最終更新日:

2018年7月11日

Interim results from the CATNON trial (EORTC study 26053-22054) of treatment with concurrent and adjuvant temozolomide for 1p/19q non-co-deleted anaplastic glioma: a phase 3, randomised, open-label intergroup study.

Author:

van den Bent MJ  et al.

Affiliation:

Neuro-Oncology Unit, Brain Tumour Centre at Erasmus MC Cancer Institute, Rotterdam, Netherlands

⇒ PubMedで読む[PMID:28801186]

ジャーナル名:Lancet.
発行年月:2017 Oct
巻数:390(10103)
開始ページ:1645

【背景】

既に膠芽腫に対する,放射線+テモゾロミド(TMZ)併用治療の有効性は確立している(参考文献1).本研究は,1p19q共欠失のない,すなわち稀突起膠細胞腫を除いた星細胞系のgrade 3の神経膠腫に対するTMZのRCT(EORTC phase 3)の中間報告である.対象は4群:①放射線照射のみ,②放射線照射と同時(concurrent)TMZ,③放射線照射後にTMZ補助療法,④放射線照射同時TMZ後にTMZ補助療法に分けられた.今回は,①+② vs. ③+④でPFSとOSを比較した(TMZ補助療法なし372例,TMZ補助療法あり373例).


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する