テロメラーゼの変異はグリオーマの予後予測に有用か?

Vol.2, No.5, P.5 公開日:

2017年10月15日  

最終更新日:

2018年8月8日

Use of telomerase promoter mutations to mark specific molecular subsets with reciprocal clinical behavior in IDH mutant and IDH wild-type diffuse gliomas.

Author:

Akyerli CB  et al.

Affiliation:

Departments of 1 Medical Biology, Acibadem University

⇒ PubMedで読む[PMID:28621624]

ジャーナル名:J Neurosurg.
発行年月:2018 Apr
巻数:128(4)
開始ページ:1102

【背景】

今日グリオーマの分子遺伝学的分類に用いられるIDH変異,1p/19q共欠失に加えて,テロメラーゼの逆転写酵素であるTERTもまた予後予測因子としての有用性が指摘されている.トルコAcibadem医科大学のAkyerliらは,大脳のグリオーマ(WHO gradeⅡ-Ⅳ)299症例をIDH変異,TERT変異の有無で4群(TERT only,IDH only,Double mutant,Double negative)に分類し,臨床情報との関係を検証した.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する