乏突起膠細胞様細胞はてんかん原性のリクルートと関係している -小児難治性焦点性てんかんにおける検討-

公開日:

2017年11月12日  

最終更新日:

2018年7月11日

Increased subcortical oligodendroglia-like cells in pharmacoresistant focal epilepsy in children correlate with extensive epileptogenic zones.

Author:

Sakuma S  et al.

Affiliation:

Division of Neurology, The Hospital for Sick Children, Toronto, Ontario, Canada

⇒ PubMedで読む[PMID:27859041]

ジャーナル名:Epilepsia.
発行年月:2016 Dec
巻数:57(12)
開始ページ:2031

【背景】

小児の難治性焦点性てんかんの脳では,健常対照に比較して,乏突起膠細胞様細胞(Oligodendroglia-like cells: OLCs)が多いことが知られている(参考文献1,2).OLCは免疫組織学的にOlig 2強陽性であり,Olig 2弱陽性の成熟乏突起膠細胞,Neu陽性の神経細胞,GFAP陽性の星細胞と区別が可能である.トロント大学のSakumaらは,このOLCsが多脳葉にわたるてんかん原性領域のリクルーティングに関わっているとの仮説を立て,小児の難治性焦点性てんかん症例の摘出組織を用いて検討した(n=30).


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する