進行性膠芽腫に対するCCNU+ベバシズマブ上乗せのRCT(EORTC26101):OSを延長せず

公開日:

2017年11月22日  

最終更新日:

2018年6月1日

【背景】

神経膠芽腫に対する標準治療は摘出術後の放射線照射+テモゾロミド(Stupp regimen)であるが,12ヵ月目の無増悪生存は27%に過ぎない.すなわち,約75%の患者は1年以内に進行するか再発する(参考文献1).
ベバシズマブは臨床の現場で膠芽腫に対する使用が拡大しているが,初発膠芽腫に対する無増悪生存期間PFSの延長効果は認められるものの,全生存期間OSの延長は未だに大規模なランダム化比較試験では証明されていない(参考文献2,3).
一方,進行性膠芽腫患者に対するベバシズマブの治験としては,オランダのTaalらによるPhase II試験(BELOB trial)がある(参考文献4).BELOB試験では,9ヵ月目の全生存率OSはCCNU(ロムスチン)単独治療群で43%に対して,ロムスチン+ベバシズマブの併用治療群で63%とやや高かった(参考文献4).本EORTC26101試験はこの結果を受けて実施された第III相ランダム化比較試験である.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する