成人発症先天性正常圧水頭症は特発性正常圧水頭症とは異なる

公開日:

2017年12月8日  

最終更新日:

2018年7月11日

Fluid Distribution Pattern in Adult-Onset Congenital, Idiopathic, and Secondary Normal-Pressure Hydrocephalus: Implications for Clinical Care.

Author:

Yamada S  et al.

Affiliation:

Department of Neurosurgery, Normal Pressure Hydrocephalus Center, Rakuwakai Otowa Hospital, Kyoto, Japan

⇒ PubMedで読む[PMID:29163345]

ジャーナル名:Front Neurol.
発行年月:2017 Nov
巻数:8
開始ページ:583

【背景】

著者らは,これまで水頭症の画像,病態について研究を重ねてきたが,新たに成人発症先天性水頭症の画像上の特徴を求めた.成人の特発性正常圧水頭症85例,続発性正常圧水頭症17例,成人発症先天性水頭症7例を対象に脳室内とクモ膜下腔の髄液容量を検討した.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する