末梢血白血球分画で脳腫瘍の診断が可能

公開日:

2017年12月19日  

最終更新日:

2018年6月6日

Diagnostic value of preoperative inflammatory markers in patients with glioma: a multicenter cohort study.

Author:

Zheng S  et al.

Affiliation:

Department of Neurosurgery, Fujian Provincial Hospital, Medical University, Fuzhou, Fujian; People’s Republic of China

⇒ PubMedで読む[PMID:29099300]

ジャーナル名:J Neurosurg.
発行年月:2017 Nov
巻数: [Epub ahead of print]
開始ページ:

【背景】

悪性神経膠腫における治療中の白血球数,白血球分画の変動と治療転帰に相関があるという研究が相次いで発表され(参考文献1,2),本サマリーでも紹介した(参考文献3).本研究では中国福建医科大学のZhengらが治療前の白血球分画の簡単な解析で脳腫瘍の鑑別が可能か否かを後方視的に検討した.使用したパラメーターはNLR(好中球数/リンパ球数),dNLR(derived NLR:好中球数/[全白血球数-好中球数]),PLR(血小板数/リンパ球数),LMR(リンパ球数/単球数),PNI(予後栄養指標:アルブミン[g/L]+リンパ球数×5)の5つ(N=1065;神経膠腫:750,聴神経腫瘍:44,髄膜腫:271).


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する