海綿静脈洞内海綿状血管腫に対するガンマナイフ

公開日:

2018年1月2日  

最終更新日:

2018年6月8日

【背景】

海綿静脈洞内の海綿状血管腫(cavernous sinus hemangioma:CSH)は病理学的に脳内血管腫と同一ではあるが,その画像所見,臨床像は大きく異なる.自然に出血することはほとんどないが,安易に摘出しようとすれば,大量出血に見舞われることは良く知られている.台北退役軍人病院のLeeらは,CSHに対するガンマナイフの効果を国際共同研究で後方視的に検討した(N=31;初期治療がガンマナイフ:20例,初期治療が手術:11例).腫瘍体積は9.3 cm³(range 1.5–42.1 cm³).照射辺縁線量(isodose:55%)の中央値は12.6 Gy(range 12–19 Gy).照射後の経過観察期間中央値は40ヵ月.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する