維持テモゾロミドに対するTTF上乗せ効果の検討(RCT:NCT00916409)

公開日:

2018年1月3日  

最終更新日:

2018年7月10日

Effect of Tumor-Treating Fields Plus Maintenance Temozolomide vs Maintenance Temozolomide Alone on Survival in Patients With Glioblastoma: A Randomized Clinical Trial.

Author:

Stupp R  et al.

Affiliation:

Lou and Jean Malnati Brain Tumor Institute of the Robert H Lurie Comprehensive Cancer Center of Northwestern University, Chicago, IL, USA

⇒ PubMedで読む[PMID:29260225]

ジャーナル名:JAMA.
発行年月:2017 Dec
巻数:318(23)
開始ページ:2306

【背景】

TTF(Tumor-treating fields)は,頭皮に電場を作り出す粘着性シートを貼り付け,腫瘍治療電場と呼ばれる電場を発生させることによって,膠芽腫細胞の分裂を抑制し,アポトーシスをもたらす.Stuppらは,既に先行論文において,315例の膠芽腫患者を対象としたRCT(NCT00916409)の中間解析で,TTFのOSとPFSに対する効果を報告している(参考文献1).本論文は,全登録患者695名を対象として,最終追跡の結果を最終解析として報告している.追跡期間の最短24ヵ月,中間値40ヵ月.対象は初期治療(放射線照射+同時的テモゾロミド投与)が終了した初発膠芽腫患者で,割り付けは2:1で行われ,TTF+テモゾロミド群:466例,テモゾロミド単独:229例.両群ともテモゾロミドの投与サイクルは6-12コースであった.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する