妊娠はグリオーマの増悪因子か

公開日:

2018年3月23日  

最終更新日:

2018年6月1日

Interactions between glioma and pregnancy: insight from a 52-case multicenter series.

Author:

Peeters S  et al.

Affiliation:

Department of Neurosurgery, Sainte-Anne Hospital, Paris

⇒ PubMedで読む[PMID:28298039]

ジャーナル名:J Neurosurg.
発行年月:2018 Jan
巻数:128(1)
開始ページ:3

【背景】

これまで,グリオーマ患者の妊娠には痙攣や腫瘍増大,悪性度の変化などのリスクを伴うとの報告があったが,その詳細は不明であった.本稿はフランスのグリオーマ合併妊娠患者52症例を対象に,臨床徴候,腫瘍増大の速度(velocity of diametric expansion:VDE),分娩の経過を調査した多施設後ろ向き研究である.対象52例(グリオーマの診断が妊娠に先行したもの:24例,妊娠中にグリオーマと診断されたもの:28例).


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する