術中にかぶる帽子のタイプはSSI発生率に影響するのか?

公開日:

2018年3月27日  

最終更新日:

2018年6月4日

Mandatory Change From Surgical Skull Caps to Bouffant Caps Among Operating Room Personnel Does Not Reduce Surgical Site Infections in Class I Surgical Cases: A Single-Center Experience With More Than 15 000 Patients.

Author:

Shallwani H  et al.

Affiliation:

Department of Neurosurgery, Jacobs School of Medicine and Biiomedical Sciences, University of Buffalo, State University of New York

⇒ PubMedで読む[PMID:29447369]

ジャーナル名:Neurosurgery.
発行年月:2018 Apr
巻数:82(4)
開始ページ:548

【背景】

アメリカの国立機関であるAORN:The Association of periOperative Registered Nursesは,手術部位感染(SSI)の予防として,surgical skull caps(筒型の耳が出ているタイプの帽子)の使用を中止して,頭髪,耳,もみあげ,うなじ,までを覆うbouffant caps(シャワーキャップタイプ)を使用することを勧告した.
その有効性を検証するため,単独施設の脳外科手術についてキャップの変更前後13ヶ月でのSSI発症率変化を後方視的に調査・解析した.変更前7,513件,変更後8,446件.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する