閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)も脳動脈瘤の予後因子

公開日:

2018年4月2日  

最終更新日:

2018年6月1日

Coexistence of obstructive sleep apnea worsens the overall outcome of intracranial aneurysm: a pioneer study.

Author:

Shyamal C  et al.

Affiliation:

Department of Neurosurgery, LSU Health-Shreveport, Louisiana

⇒ PubMedで読む[PMID:28338434]

ジャーナル名:J Neurosurg.
発行年月:2018 Mar
巻数:128(3)
開始ページ:735

【背景】

近年,閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)が腹部・胸部大動脈瘤の独立したリスク因子であるとの報告があったが,脳動脈瘤に関するデータは未だなかった.本研究は脳動脈瘤患者283名を対象に,OSAと臨床徴候との関係を検証した後ろ向き研究である.OSAのスクリーニングにはSTOP-BANGテスト,確定診断にはポリソムノグラフィ(PSG)を用いた.OSAの頻度に関する検討の対照は脳動脈瘤ではない脳外科患者100例.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する