グリオーマ再発例に対する再照射:新旧予後指標スコアの検証

公開日:

2018年4月10日  

最終更新日:

2018年5月31日

Re-irradiation of recurrent gliomas: pooled analysis and validation of an established prognostic score-report of the Radiation Oncology Group (ROG) of the German Cancer Consortium (DKTK).

Author:

Stephanie E. Combs  et al.

Affiliation:

Department of Radiation Oncology, Technical University Munich (TUM), Munich, Germany

⇒ PubMedで読む[PMID:29573214]

ジャーナル名:Cancer Med.
発行年月:2018 Mar
巻数:[Epub ahead of print]
開始ページ:

【背景】

再発グリオーマに対する再照射は広く行われるが,その予後指標として,①WHO分類,②年齢,③初回照射-再照射間隔の3項目を用いるもの(CombsらのOriginal score)と,それに④Karnofsky Performance score(KPS),⑤腫瘍容積,⑥再切除術の施行,を加えた計6項目のもの(KesselらのNew score)があった.本研究はドイツ放射線腫瘍グループ(DKTK-ROG)のデータベース登録患者565名を対象にOriginal scoreとNew scoreを適用し,臨床転帰との関係を検証したプール解析である.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する