脳アミロイドアンギオパチーに関連した脳皮質下出血を,MRIを用いずに診断できるか:Edinburgh criteriaの検証

公開日:

2018年4月17日  

最終更新日:

2018年7月10日

The Edinburgh CT and genetic diagnostic criteria for lobar intracerebral haemorrhage associated with cerebral amyloid angiopathy: model development and diagnostic test accuracy study.

Author:

Rodrigues MA  et al.

Affiliation:

Centre for Clinical Brain Sciences, University of Edinburgh, Edinburgh, UK

⇒ PubMedで読む[PMID:29331631]

ジャーナル名:Lancet Neurol.
発行年月:2018 Mar
巻数:17(3)
開始ページ:232

【背景】

脳アミロイドアンギオパチー(CAA)に関連した脳皮質下出血は再出血率が高く,それを予測することは重要である.MRIを用いた診断法であるmodified Boston criteriaは感度特異度共に高いが,急性期のMRI撮影が困難な施設も多い.Edinburgh大学のRodriguesらはCT所見とgenotypeによりCAAを予測する方法を検討した.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する