多発脳動脈瘤の危険因子:単発例との違い

公開日:

2018年4月17日  

最終更新日:

2018年6月1日

Demographic and clinical predictors of multiple intracranial aneurysms in patients with subarachnoid hemorrhage.

Author:

McDowell MM  et al.

Affiliation:

Department of Neurological Surgery, University of Pittsburgh, Pennsylvania

⇒ PubMedで読む[PMID:28598275]

ジャーナル名:J Neurosurg.
発行年月:2018 Apr
巻数:128(4)
開始ページ:961

【背景】

脳動脈瘤はクモ膜下出血の主要な原因である.Pittsburgh大学のMcDowellらは1996年からの16年間にSubarachnoid Hemorrhage Outcomes Project(SHOP)に登録されたSAH症例のうち,非脳動脈瘤(外傷性など)を除外した1,277症例(動脈瘤数:1個 890例,2個 267例,3個以上 120例)を対象に,多発例の特徴を検討した.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する