名誉著者(honorary author)が入っている脳外科論文は63%:ICMJEガイドラインとの解離

公開日:

2018年5月1日  

最終更新日:

2019年5月20日

【背景】

医学雑誌編集者国際委員会(ICMJE)は医学論文における著者の要件を,研究立案,データの取得,データの分析と解釈,論文化,最終校の承認,正確性と真正性の保証までを4項目にまとめ,その全てを満たす者としている.一方で,データの取得のみ,研究の実施のみ,監督のみ,資金獲得のみなど,研究全体と論文執筆に関与していない者は非著者貢献者と定義している.
実際はこのような非著者を,贈与として,共著者に入れておくことは,しばしば認められ,これらは名誉著者(honorary author)と呼ばれている.エラスムス大学のGadjradjらは,脳外科の主要雑誌における名誉著者の問題を解析した.
対象は2015年にNeurosurgery,Journal of Neurosurgery,World Neurosurgery, Acta Neurochirurgicaに掲載された1,612本の論文.373論文について名誉著者問題に関するアンケート調査の結果が得られた.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する