クモ膜下出血後のシャントが必要になりやすいのはクリッピングかコイリングか?

公開日:

2018年5月14日  

最終更新日:

2018年5月31日

Effect of choice of treatment modality on the incidence of shunt-dependent hydrocephalus after aneurysmal subarachnoid hemorrhage.

Author:

Koyanagi M  et al.

Affiliation:

Department of Neurosurgery, National Hospital Organization Himeji Medical Center, Himeji, Japan

⇒ PubMedで読む[PMID:29521594]

ジャーナル名:J Neurosurg.
発行年月:2018 Mar
巻数:[Epub ahead of print]
開始ページ:

【背景】

破裂動脈瘤(クモ膜下出血)の治療に血管内手術(コイリング)が導入されて久しいが,クモ膜下出血後のシャント依存性水頭症(shunt dependent hydrocephalus:SDHC)の頻度はどちらが少ないのか,姫路医療センターのKoyanagiらは傾向スコア(propensity score)分析という手法を用いて,この問題に応えた.対象は動脈瘤破裂によるクモ膜下出血の566例.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する