全身状態の良い高齢膠芽腫患者では,短期放射線照射にテモゾロミド

公開日:

2018年5月14日  

最終更新日:

2018年5月31日

Short-Course Radiation plus Temozolomide in Elderly Patients with Glioblastoma.

Author:

Perry J  et al.

Affiliation:

Odette Cancer Centre, Sunnybrook Health Sciences Centre, Toronto, ON M4N 3M5, Canada

⇒ PubMedで読む[PMID:28296618]

ジャーナル名:N Engl J Med.
発行年月:2017 Mar
巻数:376(11)
開始ページ:1027

【背景】

70歳以下の膠芽腫患者では,通常の60Gy照射にテモゾロミドを加えることによってOSが延長することは証明されている.最近,高齢者ではより短期間の照射(寡分割照射)が行われることが多いが,短期照射に対するテモゾロミドの上乗せ効果は証明されていない.ヨーロッパとカナダを中心とするこのRCT(NCT00482677)では,65歳以上の初発膠芽腫症例を40Gy/15回の短期照射単独群(281例)と短期照射+テモゾロミド併用群(281例)に分けて比較した.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する