AF寛解後も脳卒中リスクはあるか:英国THINデータベースから

公開日:

2018年6月6日  

最終更新日:

2018年7月2日

Risk of stroke and transient ischaemic attack in patients with a diagnosis of resolved atrial fibrillation: retrospective cohort studies.

Author:

Nicola J Adderley  et al.

Affiliation:

Institute of Applied Health Research, University of Birmingham, Edgbaston,Birmingham B15 2TT, UK

⇒ PubMedで読む[PMID:29743285]

ジャーナル名:BMJ.
発行年月:2018 May
巻数:361
開始ページ:k1717

【背景】

心房細動(AF)は脳梗塞や一過性脳虚血発作(TIA)の主要なリスク因子であり抗凝固薬の適応であるが,アブレーション等によるAF寛解後の患者の脳卒中一次予防・二次予防については明確な指針はない.本研究はThe Health Improvement Network(THIN)に登録されたAF寛解群(n=11,159),AF群(n=15,059),非AF群(n=22,266)を対象に,イベント発症率を検討したものである.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する