WHO Grade Ⅲ 髄膜腫の長期追跡:エストロゲン受容体は予後不良因子

公開日:

2018年6月23日  

最終更新日:

2018年7月10日

Prognostic value of estrogen receptor in WHO Grade III meningioma: a long-term follow-up study from a single institution.

Author:

Hua L  et al.

Affiliation:

Departments of Neurosurgery, Huashan Hospital, Shanghai Medical College, Fudan University, Shanghai, China

⇒ PubMedで読む[PMID:28820306]

ジャーナル名:J Neurosurg.
発行年月:2018 Jun
巻数:128(6)
開始ページ:1698

【背景】

髄膜腫患者の予後とエストロゲン受容体(ER),プロゲステロン受容体(PR)発現との間には様々な関連が指摘されているが,長期追跡によるデータは乏しい.本研究は上海Huashan病院で2003年から5年間に手術されたWHO Grade IIIの髄膜腫症例を対象に長期追跡を行った単施設研究である(n=87).平均追跡期間68.7±47.4ヶ月.ER:陰性37.93%,弱陽性20.69%,陽性41.38%.PR:陰性85.06%,弱陽性6.90%,陽性8.05%.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する