原因不明の脳梗塞に対する卵円孔閉鎖手術は脳卒中再発を予防する:Gore REDUCE試験

公開日:

2018年7月2日  

最終更新日:

2018年8月15日

Patent Foramen Ovale Closure or Antiplatelet Therapy for Cryptogenic Stroke

Author:

Søndergaard L  et al.

Affiliation:

Departments of Cardiology and Neurology Rigshospitalet, University of Copenhagen, Copenhagen, Denmark

⇒ 原文を読む

ジャーナル名:N Engl J Med.
発行年月: 2017 Sep
巻数:377
開始ページ:1033

【背景】

潜因性脳梗塞患者の卵円孔開存に対する経カテーテル的閉鎖術の脳梗塞再発予防効果に関してはいくつかの臨床研究があるが,その有用性は確立していない(文献1,2).本研究はEUとUSAで実施された国際多施設共同研究で,明らかな原因のない脳梗塞患者に対して,抗血小板薬+卵円孔閉鎖術と抗血小板薬単独治療を無作為に2:1で割り当てた.総症例664例(卵円孔閉鎖術群:441,抗血小板薬単独治療群:223).


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する