多能性間葉系間質細胞由来のエクソソーム静注療法:脳出血に新規治療の可能性

公開日:

2018年8月21日  

最終更新日:

2018年8月28日

Multipotent mesenchymal stromal cell-derived exosomes improve functional recovery after experimental intracerebral hemorrhage in the rat.

Author:

Yuxia Han, BS  et al.

Affiliation:

Departments of Neurosurgery, Henry Ford Hospital, Detroit, Michigan

⇒ PubMedで読む[PMID:30028267]

ジャーナル名:J Neurosurg.
発行年月:2018 Jul
巻数:[Epub ahead of print]
開始ページ:

【背景】

近年,脳内出血(ICH)モデル動物に対する多能性間葉系間質細胞(MSC)投与の有益性が報告されている.本研究では,ICHモデルラットに対してMCSそのものではなくMSC由来エクソソームを経尾静脈的に全身投与し,その効果を検証した(介入群 n=8,対照群(PBS;リン酸緩衝液のみ),n=8).空間認知機能は修正モリス水迷路(mMWM),運動・知覚機能はModified neurological severity score(mNSS),感覚記憶はsocial odor-based novelty recognition testで評価した.


メールで読みたい方はこちら

メルマガ登録する